意外に知らない?フレッツ光 TOP > フレッツ光について > インターネットの基礎知識と種類②

インターネットの基礎知識と種類②

インターネットに接続する回線の種類は、①電話回線、②ケーブルテレビ回線(CATV回線)以外には、
③光ファイバー回線があります。

光ファイバー(光ファイバーインターネット)とは、電気通信事業者(NTT東日本、NTT西日本、KDDIなど)の光ファイバー回線を宅内に直接引き込み、超高速インターネットの通信環境を提供する料金定額制のサービス(一部従量制)のことです。
光ファイバーケーブルで光回線によってデータ送信をするので、他の回線に比べて安定した通信が可能です。

光ファイバー回線の種類には
・NTTの光ファイバー「フレッツ光」
・KDDIの「auひかり」
・地域ごとの電力グループの光ファイバー(関西電力グループのケイ・オプティコム「eo光(イオヒカリ)」、中部電力グループの中部テレコミュニケーション「コミュファ光」、九州電力グループの九州通信ネットワーク「BBIQ(ビビック)」、中国電力グループのエネルギア・コミュニケーションズ「メガエッグ」、四国電力グループのSTNet「ピカラ」)
などがあります。

これらの回線を、インターネットサービスプロバイダーを介してつなぐことによって、インターネットを利用することができるのです。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 意外に知らない?フレッツ光 All Rights Reserved.