意外に知らない?フレッツ光 TOP > フレッツ光について > 「フレッツ光」を契約したら、開通工事

「フレッツ光」を契約したら、開通工事

「フレッツ光」には戸建家庭向けの「ファミリータイプ」と集合住宅向け「マンションタイプ」があります。

「ファミリータイプ」より「マンションタイプ」が値段がお得ですが、「マンションタイプ」はマンション自体に導入されていなくては使えませんので、「フレッツ光」を契約したいと思ったら、マンションやアパートにお住いの方は、お住まいのインターネット共用設備が「フレッツ光」かどうかを最初に確認しましょう。(その集合住宅自体に「フレッツ光マンションタイプ」が導入されていない場合は、各戸が個別に「ファミリータイプ」を契約することになります)

NTTおよびインターネットサービスプロバイダーとの契約が決まれば、開通工事の日までに、申込み内容の確認のお手紙が届きます。
その後、いざ開通工事です。

開通工事には担当者が派遣される場合と、自分で配線する場合の2種類あります。

①派遣工事
・一戸建ての場合は、近所の電中から宅内へ光回線の引き込み工事を行います。(光回線引き込みのための屋内配管設備が無い場合は壁に直径1cm程度の
穴をあけることがありまう。あるいはエアコンのダクト等を利用する場合もあります)
・フレッツ光マンションタイプ共用設備導入済みの集合住宅の場合は、共用設備部分と各宅の電気通信設備と配線接続工事を行います。

②無派遣工事……光回線の引き込み工事が不要な場合、工事担当者が派遣されることはありません。各自で機器を接続するだけで大丈夫です。

いずれも2時間くらいの作業になるようです。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 意外に知らない?フレッツ光 All Rights Reserved.